06/22 Fr フランシウム完成 06/20 Rn ラドン完成 06/17 At アスタチン完成 06/15 Po ポロニウム完成 06/14 Bi ビスマス完成 06/12 Pb 鉛完成 06/09 Tl タリウム完成 06/09 水銀完成 06/07 Au 金完成 06/03 Pt 白金完成 06/02 Ir イリジウム完成

シエンティア-ポルタ

-- ↓ 遊び方 ↓ --
【Scientia-porta】は元素記号を視覚的に学ぶカードゲームです。ゲームも原子番号を順番に覚える「ポルタ」、元素周期表を楽しく憶える「PT」、各元素の特徴からカードを探す「Isshu」、二枚のカードから合成統合を連想する「シンセシス」、運と知識の集合体「テクニクス」と初心者からマニアまで遊べるゲームが可能です。さあ、遊んで学びましょ

スポンサーリンク


ハイドラギルン [Hg 水銀]

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/s-t-g/20240609/20240609001700.png

 

 

[ハイドラギルン] (水銀 - Hg)

 

【外見】

ハイドラギルンは、液体金属の身体を持つベーシクンです。体は常に流動的で、形を自在に変えることができます。この特徴から、彼は他のベーシクンに比べて非常に柔軟で、どんな狭い隙間にも入り込むことができます。

 

【性格】

非常に寂しがり屋で同族を見つけると、無意識で身体が反応しています。それを人々が水銀蓄積警報として活用している事を彼らは知りません。また、他のベーシクンたちと比べて非常に柔軟な考え方を持ち、新しい状況や問題に対して適応する能力が高いです。

 

【特技】

・物理攻撃無効:液体金属の体を持つため、物理攻撃を無効化します。物理的な打撃や斬撃は彼の体をすり抜けるだけで、ダメージを与えることができません。この特技により、彼は多くの危険から身を守ることができます。

・水銀蓄積警報:周囲の環境中の水銀の蓄積を感知し、無意識下で合流しようとする性質を持っています。人々はこの性質を健康被害を防ぐための対策として活用しているようですが、彼らは知りません。

 

【生態】

ハイドラギルンの故郷は、シエンティアの地下深くにある鉱脈の中です。彼らは地下の鉱石から生まれ、長い年月をかけて液体金属の姿へと進化しました。

 

【その他】

流動性と高い毒性から、取り扱いには細心の注意が必要です。人々は彼を尊敬しながらも、彼の特性を正しく理解し、安全に活動するよう努めています。

 

 

【シエンティア物語】

昔々、シエンティアの村はハイドラギルンによって守られていました。

ハイドラギルンは、シエンティアの守護者として、その能力を存分に発揮していました。彼の存在は、村人たちにとってなくてはならないものでした。しかし、彼自身の毒性が環境に悪影響を及ぼし始めたのです。

その為、新しい技術が随時導入され、徐々に彼の役割は小さくなっていきます。
やがて、ハイドラギルンは新しい技術に完全に置き換えられました。彼は新技術によって、もはや必要とされなくなったのです。

そして、ハイドラギルンは自らの役目が終わったことを悟りました。そして彼は静かな場所を見つけ、そこに隠居することを決意します。

こうして彼は村から離れ、自然の中で静かに暮らし始めたのでした。
彼の引き起こした数々の逸話は、伝説として村人たちの記憶や記録、教訓として残り続けるのでした。

 

 


Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。