スティビウムン [Sb アンチモン]

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/s-t-g/20240411/20240411015431.png

 

 

[スティビウムン] (アンチモン - Sb)

 

【外見】

銀色の体色を持ち、光沢のある表面をしています。身体は均一な形状のシンプルで質素なデザインで、柔らかな動きをします。

 

【性格】

スティビウムンは穏やかで親しみやすい性格ですが、内に秘めたる力を持ち合わせています。勇敢でありながらも冷静沈着で、状況に応じて機敏に行動します。

 

【特技】

・毒薬:スティビウムンは寄生虫を制御する能力を持っています。彼らは寄生虫の発育や活動を抑制しますが、適切な使用量が重要であり、誤った量は人体にも悪影響を及ぼします。

・燃焼制御:燃焼を制御する能力を持ち、燃焼プロセスを調節し制御します。この能力で難燃剤として活躍しました。

 

【生態】

スティビウムンは輝安鉱山近くに生息し、自然の中でバランスを保ちながら暮らしています。彼らは寄生虫や燃焼に関連した問題を解決するために力を発揮し、生態系の安定に貢献しています。

 

【その他】

古代から存在し、その力を利用して人々の安全や祭事を守ってきました。彼らは自然と共に生き、環境保護や安全対策に取り組んでいます。

 

 

【シエンティア物語】

昔々、シエンティアの町は平和な日々を過ごしていました。しかし、ある日、大火災が町を襲い、炎は建物を焼き尽くしてしまったのです。

大災害から立ち直るため、町の人々は火災対策の研究を始めました。

その中心には、スティビウムンというベーシクンがいました。彼は建材の表面に難燃剤を塗布し、火災の脅威から町を守る方法を開発しました。

スティビウムンにより、町は次第に火災の被害を受けにくい強固な建物で再建されていったのです。
スティビウムンの努力と知恵は高く評価され、「火を鎮める者」として敬われるようになったのです。

その後、彼の技術は他の町や国にも広まり、火災に対する防衛手段として大きな貢献を果たしたのでした。